パリ女性旅 無駄なくパリを巡る 第1弾

観て・食べて・カフェ パリの風を感じる

東京・銀座にあるポーセラーツとフラワーアレンジメントサロン、メルシー銀座です。私は毎年パリに行くことに決めております。メルシー銀座の名前の由来ももちろんそこに!

パリでは色々あるけど・・・それでもパリには毎年挨拶を「ボンジュー」。NY派だった私がパリにめっきりはまってしまったのは数年前。きっかけはお友達のお誘い。

毎年パリに行っているお友達が「今年もパリ行くわ~」と。「う?」1秒も考えずに、「私も行こうかな~」「え?一緒に行く 嬉しい~」とでも次の瞬間お友達が「え~なっちゃんNY派でしょ」おっしゃる通りでございます。

「え~そんなこと言わないで連れてってちょ」ヨーロッパは仕事でイギリスにしか行ったことがございません。

じゃ~女性二人旅だ~。と言うことで1回目のパリへGO!

ポーセラーツ メルシー銀座 パリ (4)

パリのオオラ

お安いという市場に負けて1回目のパリは2月。

めっちゃ寒いから気を付けてと言われ行ってみたけれど札幌に住んでいたことのある私「大丈夫~」パリのオオラに寒さも忘れシャルルドゴールに。

早朝に到着する便に乗っていたので、飛行場のお手洗いでお着替えして「着いたよ~フランス!」パリまでは最初はタクシーで参りました。45ユーロ位かな。

今はバスでパリ市内まで行っておりますが、最初はバスも分からず二人だしタクシー乗っちゃえ。確かパリ市庁舎の近くに泊まりました。

真っ赤なお部屋でクラランスのアメニティー。大満足です!

Merci Point

 
早朝着のエアーを選ぶと1日がた~くさん使えますよ!1日動き回りパリ時間でお食事して早めに寝れば時差ボケなんてございませ~ん

1日目

旅行本も数冊買って来ましたよ~。私は旅行は基本的に1分たりとも無駄にはしません、無駄な動きなしたくないのです的な意気込みでいつも対決しております。

友達、両親からは便利な反面体力勝負とよく言われますが。。。

ちなみに私はめちゃめちゃ体育会系で学生時代を過ごしておりますので体力には自信あり!朝カフェして今日の行く場所はここだ~と本に付箋をベタベタ。

ほとんど日本で調べ上げているのですが。雑誌片手に「え~こっちか~?」“I‘m ジャポネーゼ”いいじゃないですか~最初のパリだもの。1日目のスタートは早朝スタートだったので、パリから少し離れたヴェルサイユ宮殿へ。

ポーセラーツ メルシー銀座 パリ (6)

普通に馬に乗った人がヴェルサイユ宮殿の中を歩いております。この人たちどこからきたの?そして一気にヴェルサイユの時代に

ポーセラーツ メルシー銀座 パリ (5)

素晴らしい景色ですよね~あ~フランスにキタ~~~~って感じですかね!

ポーセラーツ メルシー銀座 パリ (1)

ちょ~有名な鏡の間
早朝だったので、人がいない!奇跡の1枚

Merci Point

 
パリの美術館ほとんどの美術館に入館できる“ミュゼパス”が販売されています。私はだいたいヴェルサイユで購入します。ミュゼパスとはパリの美術館に入れるパスポートで1枚買っておくと美術館に行くたびにチケットを購入しなくてよいとっても便利なパスポートです。お値段はパスポートの期間によって違います。確か・・・2日間から5日間ぐらいまで選ぶことが出来ます。4000円~ぐらいだったと思います。
美術館は人気が高くチケットを購入するのにも並んだりしますので、3つぐらい美術館に行くご予定があれば“ミュージアムパス”お勧めです。

モンマルトルの丘

パリに帰ってきてモンマルトルの丘へ。ここは本当に丘。駅を出ると丘に登って行きます。パリを全体見渡せるので行くべし。

ポーセラーツ メルシー銀座 パリ (2)

その途中には有名な“アメリ”のカフェが御座います。そしてモンマルトルの丘もまたまた日本で有名、絵描きさん方がたくさんいらっしゃいましたよ~。

ポーセラーツ メルシー銀座 パリ (3)

Merci Point

 
やっぱりアメリは外せない。他の海外からの観光客の方もた~くさんいるのでご遠慮なく写真パチパチ出来ますよ。お店の方も慣れていらっしゃるから写真とりましょうか~と。
お勧めはやっぱりクリームブリュレ。