ポーセラーツ お道具

ポーセラーツでご使用するお道具の一部をご紹介致します。インストラクターコースの方はご購入頂きレッスンを進めて参ります。インストラクターコースの方はお道具の名前も覚えていきます。大変~と思われるかもしれませんが、レッスンの度に使用しますのでご卒業までには自然に覚えてい行きますよ。

ワイプアウトツール

    • 銀座 ポーセラーツ

陶器に転写紙を張って陶器と転写紙の間に入ってしまった、水や空気を出すためのゴムべらです。とがった先端はスクラッチ等にも使用されます。

 

スキージー

    • 銀座 ポーセラーツ

上記と同じ用途に使用されますが、プレートのリムなど大き目の面積の陶器と転写紙の間に入ってしまった、水や空気を出す時に特に使用されます。大き目の面積の水抜きの際にはスキージーを最初に使用し、その後細かい個所はワイプアウトツールを使用するなど工夫をしながら転写紙を白磁に張り付けてゆきます。

 

アートナイフ

    • 銀座 ポーセラーツ

ペンタイプのカッターナイフで特に細かな作業に使用されます。陶器の上に張った転写紙を削ったり、転写紙を分解したりポーセラーツでは非常によく使用されるお道具です。

 

コンパスカッター

    • 銀座 ポーセラーツ

普通のコンパスの先がカッターになっているものを想像頂ければと思います。コンパスを使う容量で使用し丸いものをカットすることが可能です。最初は少し使うのが難しいですが、慣れてくると転写紙を動かしたり台を動かしたりご自分で工夫して使いやすい方法で円を切って頂けます。

スタビロ鉛筆

    • 銀座 ポーセラーツ

下書き用の鉛筆です。ポーセラーツ独特の鉛筆で白磁に下書きをして焼成すると消えてしまう、ポーセラーツ必須アイテムです。作品を作るときによく使用します。

 

ディバイダー

    • 銀座 ポーセラーツ

寸法を測るもので先は両方ともとがった芯になっています。わざわざ定規などで図らなくても同じ寸法を測ることが出来る便利なアイテムです。リムの幅などを図るときによく使用されます。3等分など微妙なバランスなどを見るときも良く使用されます。インストラクターコースで使用しますが、たぶんその後ご自分で色々な作品を作っていくときにはもっと使用することになると思われるお道具です。
 

スタイラス

    • 銀座 ポーセラーツ

鉄の筆です。両端がボール状で大きいボールと小さいあボールがあります。カーボン紙を使用して白磁やステンシルシートに絵を写したりする際に使用します。また、金彩や盛りりでドットなどをデザインする時にも使用されます。

 

ポーセラーツクリーナー

    • 銀座 ポーセラーツ

油分を落として、静電気を防ぎます。転写紙を張る前にはポーセラーツクリーナーで白磁を綺麗に拭きます。
 
 
 

水筆ペン

    • 銀座 ポーセラーツ

主に作品の仕上げ時に、デキャールソフターを作品に塗るときに使用します。筆の軸に液体を入れるスペースがあります。

 
 
 

デキャールソフター

    • 銀座 ポーセラーツ

転写紙のカバーコートをやわらかくするために、水入れの水に少量混ぜたり、水で希釈(20倍ぐらい)にした液を白磁に張った転写紙の上から塗ったりして使用します。また原液のまま転写紙を張った白磁へ塗ってしまうと張った転写紙が取れてしまうので注意が必要です。